スペイン首相の不信任案、議会で可決

社会労働党のサンチェス書記長が新首相へ

 6月1日、スペイン下院でラホイ首相の不信任決議案が可決されたことを受け、社会労働党のサンチェス書記長(写真)が首相となった。代表撮影(2018年 ロイター)

[マドリード 1日 ロイター] - スペイン下院でラホイ首相の不信任決議案が可決されたことを受け、社会労働党のサンチェス書記長が首相となった。

決議案は賛成180票、反対169票、棄権1票で可決された。

サンチェス書記長は4日までに就任し、来週中には組閣する見込み。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT