スペイン首相の不信任案、議会で可決

社会労働党のサンチェス書記長が新首相へ

 6月1日、スペイン下院でラホイ首相の不信任決議案が可決されたことを受け、社会労働党のサンチェス書記長(写真)が首相となった。代表撮影(2018年 ロイター)

[マドリード 1日 ロイター] - スペイン下院でラホイ首相の不信任決議案が可決されたことを受け、社会労働党のサンチェス書記長が首相となった。

決議案は賛成180票、反対169票、棄権1票で可決された。

サンチェス書記長は4日までに就任し、来週中には組閣する見込み。

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。