メルカリ公募仮条件、2700〜3000円に決定

時価総額は最大4100億円超に

 6月1日、19日に東証マザーズ市場に上場するフリーマーケットアプリを手掛けるメルカリは、公開価格の仮条件を2700─3000円に決めたと発表した。写真は同社の山田進太郎社長。都内で4月撮影(2018年 ロイター/Yoshiyasu Shida)

[東京 1日 ロイター] - 19日に東証マザーズ市場に上場するフリーマーケットアプリを手掛けるメルカリ<4385.T>は1日、公開価格の仮条件を2700─3000円に決めたと発表した。想定仮条件は2200─2700円だった。3000円で算出した時価総額はオーバーアロットメントによる売出しを含めると最大4145億円となる。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。