メルカリ公募仮条件、2700〜3000円に決定

時価総額は最大4100億円超に

 6月1日、19日に東証マザーズ市場に上場するフリーマーケットアプリを手掛けるメルカリは、公開価格の仮条件を2700─3000円に決めたと発表した。写真は同社の山田進太郎社長。都内で4月撮影(2018年 ロイター/Yoshiyasu Shida)

[東京 1日 ロイター] - 19日に東証マザーズ市場に上場するフリーマーケットアプリを手掛けるメルカリ<4385.T>は1日、公開価格の仮条件を2700─3000円に決めたと発表した。想定仮条件は2200─2700円だった。3000円で算出した時価総額はオーバーアロットメントによる売出しを含めると最大4145億円となる。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT