メルカリ公募仮条件、2700〜3000円に決定

時価総額は最大4100億円超に

 6月1日、19日に東証マザーズ市場に上場するフリーマーケットアプリを手掛けるメルカリは、公開価格の仮条件を2700─3000円に決めたと発表した。写真は同社の山田進太郎社長。都内で4月撮影(2018年 ロイター/Yoshiyasu Shida)

[東京 1日 ロイター] - 19日に東証マザーズ市場に上場するフリーマーケットアプリを手掛けるメルカリ<4385.T>は1日、公開価格の仮条件を2700─3000円に決めたと発表した。想定仮条件は2200─2700円だった。3000円で算出した時価総額はオーバーアロットメントによる売出しを含めると最大4145億円となる。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。