韓国、仮想通貨「無記名口座」の利用禁止へ

マネロン等に利用されるのを防ぐ狙い

 1月23日、韓国の金融規制当局は、仮想通貨を取引する際の無記名預金口座の利用を1月30日から禁止すると発表した。サラエボで昨年10月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[ソウル 23日 ロイター] - 韓国の金融規制当局は23日、仮想通貨を取引する際の無記名預金口座の利用を1月30日から禁止すると発表した。仮想通貨が資金洗浄(マネーロンダリング)などの犯罪に利用されるのを防ぐのが狙い。

韓国金融委員会のキム・ヨンブン副委員長は会見で、銀行預金口座の名義が仮想通貨取引を行う際のアカウント名と一致しなければ、仮想通貨取引向けの入金が認められないようになると述べた。

入金に当たっては、取引所において本名による本人確認が必要となり、国内銀行が持つ情報と一致する必要があるという。

仮想通貨取引を巡っては、世界の政策当局者が相次いで警告を発しているが、韓国では先週、金融委員会の崔鍾球(チェ・ジョング)委員長が国内にあるすべての仮想通貨取引所の閉鎖を政府が検討していると述べていた。

政府当局者はこの日、「閉鎖が必要かどうかは、現在も政府内で協議中だ」と述べた。

大統領府は先に、取引所での仮想通貨の取引禁止について、最終決定したものではないとの見解を示している。

ある国内投資家は「(無記名口座の利用禁止は)誰もが予想していた措置だ。取引を止める理由は見当たらない。取引を始めるチャンスになる」とコメントした。

韓国第2位の仮想通貨取引所ビッサムによると、23日0214GMT(日本時間午前11時14分)時点のビットコイン価格は1万2567ドルで、前日比で4.35%下落している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT