イスラエル大使館の移転は、「年内」ではない

トランプ大統領が表明

 1月17日、トランプ米大統領(写真)は、ホワイトハウスでロイターのインタビューに応じ、米国、メキシコ、カナダの3カ国による北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、最善の結果は協定の廃止だとの考えを示した。写真はワシントンで昨年10月撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、ホワイトハウスでロイターのインタビューに応じ、米国、メキシコ、カナダの3カ国による北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、最善の結果は協定の廃止だとの考えを示した。

大統領は「われわれはNAFTAの再交渉中だ。私がNAFTAを廃止するかもしれない」と発言。「NAFTA廃止が最善策になるが、多くの人々はそれを理解していない」と語った。

米国内では議員のほか、農業や自動車などの業界団体がNAFTA継続を訴えている。

NAFTA再交渉の第6回会合は来週からカナダのモントリオールで開催される。

カナダ政府筋は先週、トランプ大統領がまもなくNAFTA離脱を表明するとの確信を強めていると明らかにしており、大統領の今回の発言はこの懸念を裏付けるものといえる。

一方で、大統領は先週、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで、NAFTA離脱の可能性を巡り、メキシコで年内に大統領選が控えていることを踏まえて「若干柔軟」に対応する可能性を示唆している。

*カテゴリーを修正しました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT