米国株式市場は小幅高、金融株が上昇 

新規失業保険申請件数は24万5000件

 12月28日、米国株式市場は薄商いのなか、小幅高で取引を終えた。金融株が値上がりしたほか、軟調に推移していたハイテク株も小幅に値を戻した。NYSEで撮影(2017年 ロイター/Andrew Kelly)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国株式市場は薄商いのなか、小幅高で取引を終えた。金融株が値上がりしたほか、軟調に推移していたハイテク株も小幅に値を戻した。S&P情報技術指数<.SPLRCT>は0.1%高。5営業日続落後、2営業日続伸となった。

今年の上昇率は37%以上で、セクター別でトップ。

USバンク・ウェルス・マネジメントのシニア・バイスプレジデント、ビル・ノーシー氏は「業績主導の相場だった。業績に勢いがあり、視界も良好だ。来年もこうした状況が続くだろう」と指摘した。

アップル<AAPL.O>は、終盤に伸び悩み、0.3%高。アマゾン<AMZN.O>も0.3%高。ロイターは、両社がサウジアラビアへの投資に向け、ライセンス関連の協議を行っていると報じた。

年末休暇のため、取引は引き続き閑散だった。前日までの2日間は、出来高が今年最低水準だった。

ノーシー氏は「今週は薄商い、低ボラティリティーが目立った。明日もこうした状況が続くだろう」と述べた。

銅価格<CMCU3>が0.6%値上がりしたことを受けて、S&P素材指数<.SPLRCM>が0.4%上昇。鉱業大手フリーポート・マクモラン<FCX.N>が3.1%高。

S&P総合500種指数は今年約20%上昇。年間ベースでは、2013年以降で最大の上昇率を記録する見通し。力強い経済成長や好調な企業業績が支援材料となった。

市場では、税制改革を受けて来年も株価の上昇が続くとの見方が多い。

この日発表となった新規失業保険申請件数は、前週から横ばいの24万5000件だった。市場予想の24万件を若干上回ったが、労働市場の引き締まりを示す基調を保っている。

トラック輸送のJBハント・トランスポート<JBHT.O>が0.2%安。今四半期の利益が予想を下回るとの見通しを示した。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.92対1の比率で上回った。ナスダックでは1.51対1で値上がり銘柄数が多かった。

S&P総合500採用銘柄では、25銘柄が52週高値を更新、2銘柄が安値を更新した。ナスダック総合指数では71銘柄が高値を更新、21銘柄が安値を更新した。

米取引所の合算出来高は42億6000万株。直近20営業日の平均は66億株だった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24837.51 +63.21 +0.26 24807.21 24839.23 24797.13 <.DJI>

前営業日終値 24774.30

ナスダック総合 6950.16 +10.82 +0.16 6953.38 6954.80 6936.75 <.IXIC>

前営業日終値6939.34

S&P総合500種 2687.54 +4.92 +0.18 2686.10 2687.66 2682.69 <.SPX>

前営業日終値2682.62

ダウ輸送株20種 10660.11 -37.10 -0.35 <.DJT>

ダウ公共株15種 723.89 +3.48 +0.48 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1266.30 +2.94 +0.23 <.SOX>

VIX指数 10.18 -0.29 -2.77 <.VIX>

S&P一般消費財 790.56 +1.97 +0.25 <.SPLRCD>

S&P素材 380.15 +1.47 +0.39 <.SPLRCM>

S&P工業 639.66 +1.04 +0.16 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 587.64 -1.14 -0.19 <.SPLRCS>

S&P金融 467.19 +1.89 +0.41 <.SPSY>

S&P不動産 204.05 +0.96 +0.47 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 535.52 +0.49 +0.09 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 963.33 +0.84 +0.09 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 167.59 +0.86 +0.51 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1112.99 +1.16 +0.10 <.SPLRCT>

S&P公益事業267.37 +1.26 +0.47 <.SPLRCU>

NYSE出来高5.27億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 22825 + 45 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限円建て 22790 + 10 大阪比 <0#NIY:>

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?