北朝鮮、板門店で韓国に亡命した兵士を銃撃

韓国側は負傷した兵士を病院で治療

 11月13日、韓国軍によると、南北軍事境界線がある板門店で13日、韓国側に亡命した北朝鮮の兵士1人が朝鮮人民軍に銃撃され負傷した。8月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 13日 ロイター] - 韓国軍によると、南北軍事境界線がある板門店で13日、北朝鮮の兵士1人が韓国側に亡命した。兵士は亡命した際、朝鮮人民軍に銃撃され負傷していた。

韓国国防省の当局者によれば、兵士は南北軍事境界線の南側およそ50メートルの場所で、肩と肘を負傷した状態で発見された。

北側の監視所から韓国側に亡命し、病院で治療を受けている。

国防省当局者はロイターに対し「兵士は国連軍司令部のヘリコプターで病院に緊急搬送された。韓国側と北側との銃撃戦はなかった」と述べた。

また「北側にさらされた場所だったため、兵士を助け出すため這って行かなければならなかった」と話した。

兵士の状態や軍での階級などは確認中だとした。

北朝鮮は本件について現時点でコメントを発表していない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。