JT、比たばこ大手の資産を約1048億円で買収

フィリピンたばこ市場で2位のマイティー

 8月22日、JTは、フィリピンのたばこ大手マイティー・コーポレーションのたばこ事業に関わる資産の買収で合意したと発表した。写真は都内で昨年5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 22日 ロイター] - JT<2914.T>は22日、フィリピンのたばこ大手マイティー・コーポレーションのたばこ事業に関わる資産の買収で合意したと発表した。買収額は468億フィリピンペソ(約1048億円)。資産取得は2017年12月期の第3・四半期に完了する予定。

JTは、本件に要する資金は、手元資金と借り入れにより充当する予定という。また、本件による当期連結業績への重要な影響はないとしている。

マイティーは、世界10位のフィリピンたばこ市場でシェア2位(23%)。

JTは、強固な事業基盤を確立し、力強い経済成長を続ける同国で、4分の1以上の市場シェアを獲得すると見込んでいる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。