安全なスイスフランが急上昇、北朝鮮緊迫で

地政学情勢を受けてリスクオフへと一変

 8月9日、欧州外為市場でスイスフランが急上昇。北朝鮮の動向を受けてリスクオフの展開となっている。INGの為替ストラテジストは、「地政学情勢を受けてリスクオンからリスクオフに一変した。ポジション構築に向けてこの情勢がどの程度続くのか様子見だ」と述べた。写真は昨年2月撮影(2017年 ロイター/Ruben Sprich)

[ロンドン 9日 ロイター] - 欧州外為市場でスイスフランが急上昇。北朝鮮の動向を受けてリスクオフの展開となっている。INGの為替ストラテジストは、「地政学情勢を受けてリスクオンからリスクオフに一変した。ポジション構築に向けてこの情勢がどの程度続くのか様子見だ」と述べた。

2週間にわたり軟調だったスイスフランは対ドルで0.6%高の0.9688フラン。一部ヘッジファンドにより過去3週間続いていた、フラン調達でのユーロ建て資産などへの投資が一掃されたとみられている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT