通信の「クワッドプレイ」を知っていますか?

米市場で普及進むか

 6月29日、固定回線による通話、インターネット接続、テレビ、モバイル通信の4分野のサービスを1つの事業者がまとめて提供する「クワッドプレイ」は、米国では普及が遅れている。米カリフォルニア州で2015年8月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 固定回線による通話、インターネット接続、テレビ、モバイル通信の4分野のサービスを1つの事業者がまとめて提供する「クワッドプレイ」は、米国では普及が遅れている。しかしケーブルテレビ(CATV)会社のモバイル事業参入でこれまでの体制に風穴が開きつつあり、今後は流れが変わりそうだ。

異なる4つのサービスを一括契約

通信事業者にとって、異なる4つのサービスを一括して請け負うことは顧客をつなぎ留める上で効果がある。ただ、米国では消費者が固定電話とネット接続、テレビの3分野をひとまとめにしても、モバイル通信は別途契約を結ぶのが一般的で、クワッドプレイの普及は容易ではないというのが投資家やアナリストの見方だ。

ガムコ・インベスターズの共同最高投資責任者のクリストファー・マランギ氏は「サービス提供範囲の違いが最大の障害だ」と指摘。「CATVはことごとく地域別に分かれているが、モバイルは全国規模だ」と述べた。

またIBBコンサルティング・グループのシニアパートナー、ジェファーソン・ワン氏は、4つのサービスの料金をまとめると請求が高額になることもクワッドプレイにとって逆風だと説明した。

調査会社ストラテジー・アナリティクスの推計によると、クワッドプレイの普及率は米国ではおよそ10%で、2020年には17%に上昇する見通し。しかし普及率はフランスでは既に25%、スペインでは60%に達している。仏イリアド<ILD.PA>やスペインのテレフォニカ<TEF.MC>などの通信会社がこの5年間にクワッドプレイの導入を進めたためだ。

次ページ通信大手の対応は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT