スキッピィ、「カナダで販売終了」の巨大衝撃

カナダのネット民が大騒ぎになったワケ

 アモビー・ブランドインテリジェンス(Amobee Brand Intellicgence)によると、5月3日の全世界でのスキッピィ関連のデジタルコンテンツのエンゲージメントは、5月2日と比べて13.9倍だった。また、同期間のカナダ国内に限ると、実に254倍のエンゲージメントがあった。

以前は、人気のない商品は静かに消えるだけだった

「以前は、売れ行きの悪い商品は気づかれることなく消え去っていくことがほとんどだった」と、アモビーで第一ブランドアナリストを務めるジョナサン・コーエン氏は語る。「しかし現在はソーシャルメディアのおかげで、数人の熱狂的なファンがいれば、販売中止になった商品が大きな注目を集める可能性がある」。

このアメリカの北の隣国から撤退するブランドはスキッピィだけではない。ダッズ(Dad’s)のチョコチップクッキーも最近カナダでの販売を中止している。4月30日以降、カナダ国内でのダッズのチョコチップクッキー関連のデジタルコンテンツのエンゲージメントはそれまでの270倍を記録している。アモビーによると、これは、このお菓子がもう手に入らなくなったことに対する人々の悲しい気持ちを示しているという。

Tanya Dua (原文 / 訳:Conyac)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
インスタグラム、エンゲージメントはFacebookの10倍? ファッション・コスメ企業に愛される理由
FOXニュース、Facebookで最大のエンゲージメントを得る:2016年上半期で約1億2000万の反応
業界震撼! 過去最大級の広告詐欺スキーム「メスボット」:損害額は1日約6億円?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。