アマゾンのベゾス氏、買収は高値づかみか

4倍超の価格で買収したかもしれない

8月7日、米ネット小売り大手アマゾン・ドットコムの創業者、ジェフ・ベゾス氏(写真)は、米有力紙ワシントン・ポストを財務状況が示す価値の4倍超の価格で買収したのかもしれない。7月撮影(2013年 ロイター/Rick Wilking)

[7日 ロイター] - 米ネット小売り大手アマゾン・ドットコムの創業者、ジェフ・ベゾス氏は、米有力紙ワシントン・ポストを財務状況が示す価値の4倍超の価格で買収したのかもしれない。

ベゾス氏は5日、米ワシントン・ポストが保有するワシントン・ポスト紙やその他の新聞事業を2億5000万ドルで買収することで合意した、と発表。しかし、その他の新聞買収事例や上場しているメディア企業の価値から判断すると、ワシントン・ポストの価値は約6000万ドルだっただろう。

デシルバ・アンド・フィリップスのマネジングパートナー、リード・フィリップス氏によると、ワシントン・ポスト紙の単価は利払い・税・償却前利益(EBITDA)の3.5─4.5倍。

また、モーニングスターのアナリスト、リャン・フェン氏の推計によると、ワシントン・ポストの新聞部門のEBITDAは昨年、年金負債を含めないで1500万ドルだったとみられる。ワシントン・ポストのドナルド・グラハム最高経営責任者(CEO)は、昨年の新聞部門は利益を上げたと明らかにしたものの、具体的な数字には言及しなかった。

これらの数字に基づけば、ベゾス氏は2012年EBITDAの約17倍を支払ったことになる。

ワシントン・ポストの株価は6日、4%強上昇した。

ただ、アナリストやバンカーらは、ワシントン・ポストなどの新聞には通常の財務基準は適用できないと指摘する。ブランドネームといった無形資産や、スポーツチームなどの目立った資産を持っていれば、価格は買収者が同意するかどうかで決まるからだ。

ワシントン・ポストのグラハムCEOは5日のインタビューで、「私が価格を提示し、ジェフ(・ベゾス氏)が支払うことに同意した」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT