寄り付きの日経平均は反発、米株高など支援

前日の米国株上昇が支援、主力株に買い戻し

 4月21日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比161円33銭高の1万8591円82銭となり、反発して始まった。写真は東証のブース、昨年2月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 21日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比161円33銭高の1万8591円82銭となり、反発して始まった。前日の米国株の上昇などが支援材料となり、主力株に買い戻しが入っている。

TOPIXコア30<.TOPXC>を構成する銘柄は総じて上昇。業種別ではガラス・土石、鉄鋼、証券が上昇率上位にランクイン。半面、サービス業はマイナス圏となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT