寄り付きの日経平均は反発、米株高など支援

前日の米国株上昇が支援、主力株に買い戻し

 4月21日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比161円33銭高の1万8591円82銭となり、反発して始まった。写真は東証のブース、昨年2月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 21日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比161円33銭高の1万8591円82銭となり、反発して始まった。前日の米国株の上昇などが支援材料となり、主力株に買い戻しが入っている。

TOPIXコア30<.TOPXC>を構成する銘柄は総じて上昇。業種別ではガラス・土石、鉄鋼、証券が上昇率上位にランクイン。半面、サービス業はマイナス圏となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT