東芝、メモリー好調で営業利益は倍増

テレビの不振をカバー

テレビ、パソコンで180億円の赤字

一方、テレビ事業は100億円の赤字、パソコン事業は80億円の赤字となり、全体の足を引っ張った。テレビの赤字額で大きいのは欧州とロシアで、日本、米国も2桁前半の赤字となっており、4つの国・地域を合わせると80億円を超えるという。パソコンについては「赤字の3分の2は欧州で出ている」(久保副社長)。

東芝テックによる米IBMのPOS(販売時点情報管理)事業の買収効果はあったものの、テレビ、パソコンを含むデジタルプロダクツ部門全体では163億円の赤字となった。同社ではテレビおよび同部門全体で今下期の黒字化を目指して構造改革を進めている。

ただ久保副社長は、仮にテレビ、パソコンが下期に悪化しても、需要が堅調で円安効果もある「半導体で取り戻したい」と語り、据え置いた今期業績予想は「十分に達成可能だ」と語った。

14年3月期の連結業績予想は、営業利益が前期比34.4%増の2600億円の見通し。トムソン・ロイター・エスティメーツによると、アナリスト23人が過去90日間に出した予測の平均値は3270億円で、会社予想はこれを20.4%下回っている。売上高は同5.2%増の6兆1000億円、純利益は同29.3%増の1000億円をそれぞれ見込む。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT