サムスン電子、29日「ギャラクシーS8」発表

安全性への言及はほとんど見られず

 3月29日、韓国のサムスン電子が、米国で新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS8」を発表する。「ギャラクシーノート7」の発火問題を受け、新機種の発表は顧客の信頼回復の鍵となるが、発表前のマーケティングで安全性への言及はほとんど見られない。写真はサムスン電子のロゴ、2016年4月撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 28日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>が29日、米国で新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS8」を発表する。「ギャラクシーノート7」の発火問題を受け、新機種の発表は顧客の信頼回復の鍵となるが、発表前のマーケティングで安全性への言及はほとんど見られない。

ブランド戦略の専門家は「この局面で安全性を強調すれば、他の関連した話が再び浮上するため、サムスン電子は安全性に触れないことを選択したのではないか」と分析した。

サムスン電子はコメントを控えた。

同社は1月、バッテリーの欠陥がギャラクシーノート7の発火原因と結論付け、包括的な安全計画を発表。バッテリーのエックス線検査など8つの安全性確認項目を導入し、端末の設計も改善したとしている。

同社幹部はノート7のような問題の再発はないと強調しており、事情に詳しいある関係筋はロイターに対し、S8の発表が延期された理由は安全性を確実にするためだったと明らかにした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。