アップル、上海と蘇州にR&Dセンター設置へ

中国での研究開発に5億800万ドル投資

 3月17日、米アップルは、中国の上海と江蘇省蘇州に新たな研究開発(R&D)センターを開設すると発表した。写真はサンフランシスコで昨年6月撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[香港 17日 ロイター] - 米アップルは17日、中国の上海と江蘇省蘇州に新たな研究開発(R&D)センターを開設すると発表した。

北京と広東省深センにR&Dセンターを開設する計画を既に発表しているが、新たに2カ所追加する。

アップルは、中国での研究開発に35億元(5億0800万ドル)投資すると約束している。4つのR&Dセンターは年内にオープンする予定。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。