ドルは112円後半、短期筋のポジション調整

ムニューシン米財務長官発言などが影響

 2月24日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の112.82/84円。写真は台北で2010年11月撮影(2017年 ロイター/Nicky Loh)

[東京 24日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の112.82/84円。

ドル高には一定の問題があるとした、ムニューシン米財務長官発言や、トランプ大統領の中国は為替操作のグランド・チャンピオンとの発言などをうけ、朝方112.60円付近まで下落した。

しかし、朝方ドルを売り込んだ短期筋が午前11時にかけてポジションを巻き戻したことや、スポ末の実需のフローなどが支援し、ドルは一時112.96円まで上昇した。

市場では(ドル上昇について)「特に意味のある動きではなさそうだ。新規の手掛かり材料も見当たらない」(機関投資家)とされ、週末を控えたポジション調整の一環とみられている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT