ドルは112円後半、短期筋のポジション調整

ムニューシン米財務長官発言などが影響

 2月24日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の112.82/84円。写真は台北で2010年11月撮影(2017年 ロイター/Nicky Loh)

[東京 24日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の112.82/84円。

ドル高には一定の問題があるとした、ムニューシン米財務長官発言や、トランプ大統領の中国は為替操作のグランド・チャンピオンとの発言などをうけ、朝方112.60円付近まで下落した。

しかし、朝方ドルを売り込んだ短期筋が午前11時にかけてポジションを巻き戻したことや、スポ末の実需のフローなどが支援し、ドルは一時112.96円まで上昇した。

市場では(ドル上昇について)「特に意味のある動きではなさそうだ。新規の手掛かり材料も見当たらない」(機関投資家)とされ、週末を控えたポジション調整の一環とみられている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。