Uber、元従業員のセクハラ主張で緊急調査へ

「社内チャットを通じセクハラされた」と告発

 2月19日、米配車アプリ大手のウーバーのカラニック最高経営責任者(CEO)は、社内でセクシャルハラスメント被害を受けたとする元従業員の主張について緊急調査を指示した。ニューヨークで2日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[19日 ロイター] - 米配車アプリ大手のウーバー[UBER.UL]のカラニック最高経営責任者(CEO)は、社内でセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ、セクハラ)被害を受けたとする元従業員の主張について緊急調査を指示した。

被害を訴えたのは昨年12月に退社した元エンジニアのスーザン・ファウラーさん。退社後、2015年の入社当初から社内チャットを通じて一連のセクハラ発言を受けたとブログに投稿した。

投稿によると、ファウラーさんは人事部から発言者が「高業績」の人物だと説明され、経営陣が「警告以外の処分」に難色を示すだろうと言われたと述べた。

カラニックCEOは19日、ツイッターでファウラーさんのブログを巡り「彼女が訴えた内容は忌まわしいことであり、ウーバーの立場にも理念にも逆行する」と投稿。新たに就任した人事責任者に緊急調査を指示したと述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT