Uber、元従業員のセクハラ主張で緊急調査へ

「社内チャットを通じセクハラされた」と告発

 2月19日、米配車アプリ大手のウーバーのカラニック最高経営責任者(CEO)は、社内でセクシャルハラスメント被害を受けたとする元従業員の主張について緊急調査を指示した。ニューヨークで2日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[19日 ロイター] - 米配車アプリ大手のウーバー[UBER.UL]のカラニック最高経営責任者(CEO)は、社内でセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ、セクハラ)被害を受けたとする元従業員の主張について緊急調査を指示した。

被害を訴えたのは昨年12月に退社した元エンジニアのスーザン・ファウラーさん。退社後、2015年の入社当初から社内チャットを通じて一連のセクハラ発言を受けたとブログに投稿した。

投稿によると、ファウラーさんは人事部から発言者が「高業績」の人物だと説明され、経営陣が「警告以外の処分」に難色を示すだろうと言われたと述べた。

カラニックCEOは19日、ツイッターでファウラーさんのブログを巡り「彼女が訴えた内容は忌まわしいことであり、ウーバーの立場にも理念にも逆行する」と投稿。新たに就任した人事責任者に緊急調査を指示したと述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT