Uber、元従業員のセクハラ主張で緊急調査へ

「社内チャットを通じセクハラされた」と告発

 2月19日、米配車アプリ大手のウーバーのカラニック最高経営責任者(CEO)は、社内でセクシャルハラスメント被害を受けたとする元従業員の主張について緊急調査を指示した。ニューヨークで2日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[19日 ロイター] - 米配車アプリ大手のウーバー[UBER.UL]のカラニック最高経営責任者(CEO)は、社内でセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ、セクハラ)被害を受けたとする元従業員の主張について緊急調査を指示した。

被害を訴えたのは昨年12月に退社した元エンジニアのスーザン・ファウラーさん。退社後、2015年の入社当初から社内チャットを通じて一連のセクハラ発言を受けたとブログに投稿した。

投稿によると、ファウラーさんは人事部から発言者が「高業績」の人物だと説明され、経営陣が「警告以外の処分」に難色を示すだろうと言われたと述べた。

カラニックCEOは19日、ツイッターでファウラーさんのブログを巡り「彼女が訴えた内容は忌まわしいことであり、ウーバーの立場にも理念にも逆行する」と投稿。新たに就任した人事責任者に緊急調査を指示したと述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。