Uber、元従業員のセクハラ主張で緊急調査へ

「社内チャットを通じセクハラされた」と告発

 2月19日、米配車アプリ大手のウーバーのカラニック最高経営責任者(CEO)は、社内でセクシャルハラスメント被害を受けたとする元従業員の主張について緊急調査を指示した。ニューヨークで2日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[19日 ロイター] - 米配車アプリ大手のウーバー[UBER.UL]のカラニック最高経営責任者(CEO)は、社内でセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ、セクハラ)被害を受けたとする元従業員の主張について緊急調査を指示した。

被害を訴えたのは昨年12月に退社した元エンジニアのスーザン・ファウラーさん。退社後、2015年の入社当初から社内チャットを通じて一連のセクハラ発言を受けたとブログに投稿した。

投稿によると、ファウラーさんは人事部から発言者が「高業績」の人物だと説明され、経営陣が「警告以外の処分」に難色を示すだろうと言われたと述べた。

カラニックCEOは19日、ツイッターでファウラーさんのブログを巡り「彼女が訴えた内容は忌まわしいことであり、ウーバーの立場にも理念にも逆行する」と投稿。新たに就任した人事責任者に緊急調査を指示したと述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。