サムスントップの逮捕、国裁判所が認める

サムスン電子副会長の李在鎔容疑者を逮捕

 2月17日、韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告らをめぐる疑惑を調べている特別検察官チームは、贈賄容疑などでサムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)容疑者を逮捕した。ソウルで16日撮影、提供写真(2017年 ロイター/News1)

[ソウル 17日 ロイター] - 韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告らをめぐる疑惑を調べている特別検察官チームは17日、贈賄容疑などでサムスン電子<005930.KS>副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)容疑者を逮捕した。同氏は、サムスングループの事実上のトップ。

特別検察官は、今回の逮捕状請求にあたり、追加証拠を確保したと発表。裁判所は、追加の証拠資料などに言及し、逮捕の必要性を認めるとした。特別検察官は1月に逮捕状を請求したが、これは棄却されていた。

一方、朴商鎮(パク・サンジン)社長の逮捕状請求は棄却された。特別検察は14日、朴商鎮氏の逮捕状も請求していた。

グループの事実上のトップが逮捕されたことで、業務がすぐに滞ることはないが、長期的な投資決定に影響が出る、との指摘がある。

特別検察官は、サムスンと朴氏の関係を中心に捜査。サムスンは、傘下2社の合併をめぐり、朴政権の後押しなどの便宜供与を期待し、朴氏の友人、崔順実被告の関連団体に430億ウォン(3774万ドル)の賄賂を贈った疑いがもたれている。その中には、馬術選手として活動し、現在デンマークにいる崔被告の娘に対する支援も含まれているという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。