東芝、決算報告できず延期を財務局に申請

14日開示は見送り=関係筋

 2月14日、東芝は、4日予定していた2016年4―12月期決算の同日中の開示を見送る公算が大きくなった。写真の同社ロゴは都内で2015年9月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - 東芝<6502.T>は、14日予定していた2016年4―12月期決算の同日中の開示を見送る公算が大きくなった。監査法人との調整が難航しており、関東財務局に決算報告の期日延長を申請した。複数の関係筋が明らかにした。

金融商品取引法に基づき上場会社に提出が義務付けられている四半期報告書は、各四半期終了後45日以内に提出しなければならず、14日は昨年12月31日に終了した四半期の報告書を提出する期限。関東財務局によると、延長の可否は各財務局が判断するという。

(布施太郎)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。