東芝株が一段安、決算発表遅れに「売り」殺到

巨額損失で経営不透明、記者会見も遅れるか

 2月14日、東京株式市場では、東芝株が後場に入り一段安の展開に。写真は2012年基盤に描かれた同社ロゴ(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場では14日、東芝<6502.T>株が後場に入り一段安の展開に。東芝の広報によると、同社は14日正午に予定していた決算発表を遅らせた。同日午後4時に予定していた記者会見も遅れる可能性があるという。

巨額損失や財務への懸念が意識される中、経営の先行きに不透明感が強まったとの受け止めから、売り注文が殺到している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT