東芝株が一段安、決算発表遅れに「売り」殺到

巨額損失で経営不透明、記者会見も遅れるか

 2月14日、東京株式市場では、東芝株が後場に入り一段安の展開に。写真は2012年基盤に描かれた同社ロゴ(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場では14日、東芝<6502.T>株が後場に入り一段安の展開に。東芝の広報によると、同社は14日正午に予定していた決算発表を遅らせた。同日午後4時に予定していた記者会見も遅れる可能性があるという。

巨額損失や財務への懸念が意識される中、経営の先行きに不透明感が強まったとの受け止めから、売り注文が殺到している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。