中国、新華社など国営メディアを統合へ

金融メディアグループを設立、発信力強化

 1月11日、中国の新華社通信は国営メディア5社を統合して「近代的な金融メディアグループ」を設立し、経済と金融関連のニュースの発信を強化すると発表した(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 11日 ロイター] - 中国の新華社通信は11日、国営メディア5社を統合して「近代的な金融メディアグループ」を設立し、経済と金融関連のニュースの発信を強化すると発表した。

中国国務院(内閣に相当)は、新華社が中国証券報、上海証券報、経済参考報、新華出版社と統合することを認可した。中国フォーチュン・メディア・グループの下で新会社を設立する。設立は19日付で北京に本拠を置く。

新華社は国営メディアの統合について「中央当局の文化制度改革の深化」と「金融情報の分野における主要メディアの影響力強化」が目的とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT