中国、新華社など国営メディアを統合へ

金融メディアグループを設立、発信力強化

 1月11日、中国の新華社通信は国営メディア5社を統合して「近代的な金融メディアグループ」を設立し、経済と金融関連のニュースの発信を強化すると発表した(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 11日 ロイター] - 中国の新華社通信は11日、国営メディア5社を統合して「近代的な金融メディアグループ」を設立し、経済と金融関連のニュースの発信を強化すると発表した。

中国国務院(内閣に相当)は、新華社が中国証券報、上海証券報、経済参考報、新華出版社と統合することを認可した。中国フォーチュン・メディア・グループの下で新会社を設立する。設立は19日付で北京に本拠を置く。

新華社は国営メディアの統合について「中央当局の文化制度改革の深化」と「金融情報の分野における主要メディアの影響力強化」が目的とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。