中国、新華社など国営メディアを統合へ

金融メディアグループを設立、発信力強化

 1月11日、中国の新華社通信は国営メディア5社を統合して「近代的な金融メディアグループ」を設立し、経済と金融関連のニュースの発信を強化すると発表した(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 11日 ロイター] - 中国の新華社通信は11日、国営メディア5社を統合して「近代的な金融メディアグループ」を設立し、経済と金融関連のニュースの発信を強化すると発表した。

中国国務院(内閣に相当)は、新華社が中国証券報、上海証券報、経済参考報、新華出版社と統合することを認可した。中国フォーチュン・メディア・グループの下で新会社を設立する。設立は19日付で北京に本拠を置く。

新華社は国営メディアの統合について「中央当局の文化制度改革の深化」と「金融情報の分野における主要メディアの影響力強化」が目的とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。