米ニューヨークで列車が脱線、100人超負傷

朝のラッシュ時、車止めに衝突

 1月4日、米ニューヨーク市ブルックリンで朝の通勤ラッシュの時間帯に列車が脱線し、100人以上が負傷した。(2017年 ロイター/RTX2XJ3X)

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米ニューヨーク市ブルックリンで4日朝、通勤ラッシュの時間帯に列車が脱線し、100人以上が負傷した。消防当局によると、少なくとも11人が病院に搬送されたが、負傷者はいずれも命に別条はない。

脱線したのはロングアイランド鉄道の列車で、事故は午前8時半(日本時間午後10時半)ごろ、ブルックリンのアトランティック駅で発生した。列車は当時、かなりゆっくりと走行しており、車止めにぶつかった後、脱線したもよう。全6車両のち、前方2両の損傷が激しいという。

2両目に居合わせた乗客によると、車両は衝突するまで通常の速度を保ち、衝突後は投げ出された乗客が折り重なるように倒れた。車両の窓ガラスが壊れ、人の泣き叫ぶ声や流血で辺りは騒然となったという。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT