ジョコビッチがベッカーとのコーチ契約解消

直近6カ月は成績がふるわず

 12月6日、男子テニスの世界ランク2位、ノバク・ジョコビッチ(左)は、ボリス・ベッカー氏(右)とのコーチ契約を双方合意で解消したことを自身のウェブサイトで明かした。1月撮影(2016年 ロイター/Jason Reed)

[6日 ロイター] - 男子テニスの世界ランク2位、ノバク・ジョコビッチ(29、セルビア)は6日、ボリス・ベッカー氏とのコーチ契約を双方合意で解消したことを自身のウェブサイトで明かした。

ジョコビッチは2013年12月からベッカー氏の指導を受け、その期間に四大大会で6回優勝。しかし、直近6カ月は成績がふるわず、122週にわたって守ってきた世界1位の座もアンディ・マリー(英国)に奪われた。

ジョコビッチは「われわれがともに仕事を始めた時に設定した目標は完璧に達成された。彼の尽力、チームワーク、献身、深い関与には感謝したい」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT