ジョコビッチがベッカーとのコーチ契約解消

直近6カ月は成績がふるわず

 12月6日、男子テニスの世界ランク2位、ノバク・ジョコビッチ(左)は、ボリス・ベッカー氏(右)とのコーチ契約を双方合意で解消したことを自身のウェブサイトで明かした。1月撮影(2016年 ロイター/Jason Reed)

[6日 ロイター] - 男子テニスの世界ランク2位、ノバク・ジョコビッチ(29、セルビア)は6日、ボリス・ベッカー氏とのコーチ契約を双方合意で解消したことを自身のウェブサイトで明かした。

ジョコビッチは2013年12月からベッカー氏の指導を受け、その期間に四大大会で6回優勝。しかし、直近6カ月は成績がふるわず、122週にわたって守ってきた世界1位の座もアンディ・マリー(英国)に奪われた。

ジョコビッチは「われわれがともに仕事を始めた時に設定した目標は完璧に達成された。彼の尽力、チームワーク、献身、深い関与には感謝したい」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。