市場規模9兆円!知られざるネット通販の実態 アマゾン、ヤフー、楽天…裏側はどうなっているのか?

印刷
A
A

顧客に新たな価値を提供する、キュレーションサービス

ただ、ネット通販市場の拡大とともに課題も山積している。その大きな一つが物流の深耕策だ。特に物流で求められるのはスピード、コスト、質の3つ。ネット通販で国内最大手(売上高)のアマゾンジャパンは、当日配達、送料無料、時間指定など物流サービス全般において業界をリードしてきた。間もなく12番目の物流センターが神奈川県小田原市内で稼働する。モール型通販サイトで日本一の楽天も、来年にかけて物流センターを一気に拡充し、アマゾンに追いつこうと躍起だ。ヤフーはアスクルと組み、日用品通販の「ロハコ」事業を始めたが、物流面で先行するアスクルの設備やノウハウを活用している。将来はヤフー!ショッピングの商品にもこの物流ルートを利用していく計画だ。

さらに、ECやO2Oの進展の中で、新たなベンチャーも現れてきた。中でも注目なのが「キュレーションEC」。買い手にとって予想もしなかった商品との出会いをつないだり、センスの合うユーザー同士を結んだりするサイトだ。大手ネット通販には、まねできないこだわり商品が人気を呼んでいる。

ネット通販の登場で「買い物のあり方が根本から変わった」と言っても過言ではない。ITを駆使したマーケティング理論を活用し、新たな買い物市場を創出している。そんなネット通販の動きを、ユーザー、ショップ経営、企業それぞれの視点から徹底解説したのが、7月1日発行の『週刊東洋経済』臨時増刊『ネット通販 大解明!』だ。楽天、アマゾン、ヤフー、リクルート(ポンパレモール)から、リアル陣営の各業界大手のネット戦略、新たなECベンチャーの取り組み、そしてネットショップの成功術などを、丸ごと一冊にまとめた「ネット通販ムック」。ぜひ、この機会にご一読をお願い致します!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT