マクドナルド、「史上最高価格」の新商品 期間限定クォーターパウンダーに込めた“覚悟"

拡大
縮小

こうした低価格メニューをアピールすることで客数を増やしていき、そのうえで高単価な新クォーターパウンダーを投入して客単価を引き上げる、という“定石”をこの夏も狙っているようだ。

食欲落ちる夏場に高カロリー品をどう売る?

新クォーターパウンダーの開発に当たった日本マクドナルドの中山拓美・メニューマネジメント部上席部長は、「ハバネロトマトは辛さが効いている商品。BLTも野菜が使われており、どちらも夏場にぴったりの商品だ」と意気込む。

ただ、外食業界では、「夏場は食欲が落ちるため、ボリュームがあってカロリーも高い“大型商品”はなかなか売れない不需要期」というのが定説だ。

マクドナルドは昨年も7月から、「世界の★★★マック」キャンペーンとして、ボリュームがあり、単価も高い世界のご当地バーガーを相次ぎ投入した。「事前評価では過去最高の味」(原田社長)と自信を持っていたにもかかわらず、販売開始後わずか2週間あまりでセット価格を100円近く値下げせざるを得なかったという経験がある。

原田社長は「個人的な反省点をいえば、商品構成を伝えるのが難しかった」と昨年の夏のキャンペーンを振り返る。

ちなみに、今回投入するBLTは721キロカロリー、ハバネロトマトは584キロカロリー。いずれも、ビッグマックの557キロカロリーを上回る大型商品だ。昨年の夏の“反省点”を生かすことができるのか。マクドナルドの反転攻勢の成否もそこに懸かっている。
 

松浦 大 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

まつうら ひろし / Hiroshi Matsuura

明治大学、同大学院を経て、2009年に入社。記者としてはいろいろ担当して、今はソフトウェアやサイバーセキュリティなどを担当(多分)。編集は『業界地図』がメイン。妻と娘、息子、オウムと暮らす。2020年に育休を約8カ月取った。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT