仏ルノー、スポーツモデルで“日本攻め”

「ルーテシアRS」にAT車も設定

日産自動車の大株主で、同社と連合を組むフランスの自動車メーカー、ルノーが日本でスポーツモデルの販売を強化している。ルノーの日本での販売台数は、2005年に年間3532台のピークをつけたあと、09年には1755台にまで落ち込んだが、12年には3108台にまで回復してきた。

その原動力となっているのが、通常モデルにチューニングを施したスポーツモデルだ。

ルノーのスポーツモデル事業部門「ルノー・スポール」のパトリス・ラティ・チェアマンは、「日本でのルノーの存在感を高めるため、デザインや性能でアピール度が高いスポーツモデルを強化している」と説明する。

日本での販売は4分の1がスポーツモデル

ルノーは昨年、全世界で255万台を販売しているが、そのうちスポーツモデルは約4万台、構成比は1.5%程度だが、日本では3108台のうち、811台と4分の1がスポーツモデルだ。日本ではいかにスポーツモデルがルノーのブランドイメージや販売を支えているかがわかる。

今年は、モデルチェンジを行った小型車「ルーテシア」(海外名:クリオ)のスポーツモデル「ルーテシアRS」(=タイトル下写真=)を日本でも販売する計画。このモデルでは従来、マニュアルトランスミッション(手動変速)仕様のみの展開だったが、今回オートマチック(AT)仕様も設定し、拡販を狙う。

次ページスポーツモデルの販売目標は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT