品川-田町間「50年ぶり新駅」が秘める可能性

六本木ヒルズを凌駕する広大な街が出現!

JR新駅の建設予定地のすぐ近くには、山手線と国道15号の間に挟まれるように、京急の本社ビルが建つ。計画案では同ビルも再開発の対象に含まれている。

その京急は2019年秋には本社を横浜に移転すると発表している。同社は現在の本社の土地をJR東日本と一体的に再開発することを想定していると考えてよいだろう。

何より、京急にとっても、JR東日本の品川開発プロジェクトは重要な意味を持つ。JR東日本の狙いどおり、世界中から企業や人材の集まるエリアが品川駅のすぐ隣に誕生すれば、京急の鉄道路線・品川─羽田空港間の利用者が増加するからだ。

リニア需要を取り込めるか

さらに京急は、品川駅前に複合施設「シナガワグース」など複数のビルを所有しており、その敷地面積は2.5ヘクタールに及ぶ。2027年のリニア中央新幹線・品川開業に合わせ、これらの物件をオフィス、ホテル、住宅、商業施設などの複合施設に建て替える。容積率が緩和されれば、収益力は大きく改善する。

当記事は「週刊東洋経済」9月24日号 <9月17日発売>からの転載記事です

西武ホールディングスも品川駅前に「品川」「新高輪」などのプリンスホテルを所有している。「東京オリンピックまではホテルとして運営する」(後藤高志社長)という方針だが、その後は再開発する可能性もあるだろう。

もっとも、東京オリンピックの開催に合わせ、都心部ではほかにもオフィスビルやホテルの大量供給が見込まれている。テナントの獲得競争や五輪後の需要減など、対応すべき課題も多い。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT