「新幹線のお掃除」に一流が学びを求める理由

その現場力がハーバードの必修科目になった

テッセイのスタッフはいわゆる「普通のおばちゃん、おじちゃん」が中心です。なぜ、彼らが世界中の人に「そこまでやるのか」と言わしめるほど「たかが掃除」に取り組むのか。拙著『奇跡の職場~新幹線清掃チームの“働く誇り”』でも詳しく解説している、その理由の一端を紹介しましょう。

仕事に誇りと生きがいを持ってもらうには

座席についているテーブルもきれいに拭きあげる(撮影:大澤 誠)

テッセイの仕事は、はっきり言って「きつい・汚い・危険」。一昔前でいう「3K」な仕事です。7分間ですべてを終わらせなければならないわけですから、文句なしに「きつい」です。

仕事は掃除ですし、その過程では汚物を扱うことも少なくありませんから「汚い」。そして、新幹線という何百トンの巨体を相手に仕事をするだけに、いつ事故に遭うことになるかわからない「危険」な職場です。

そんな仕事に対してやる気を出してもらうために私が考えたのは、現場で働く人に仕事への「誇り」と「生きがい」を持ってもらうことでした。「自分はこういう仕事をしているんだ」と堂々と語れるような自信や誇りが身に付き、仕事を生きがいにしてもらえば、それは間違いなく組織の強さにもつながっていくと思ったからです。私が着任して間もないころ、皆に言い続けたことがあります。

「失礼だがみなさんは、社会の川上から流れ着いて今、テッセイという川下にいる。でも、川下と卑下しないでほしい。みなさんがお掃除をしないと新幹線は動けないのです。だから、みなさんは、お掃除のおばちゃん、おじちゃんじゃない。世界最高の技術を誇るJR東日本の新幹線のメンテナンスを、清掃という面から支える技術者なんです」

では、具体的にどうしたらいいのか? その問いに対する私の答えは、スタッフを「認める」ことでした。たとえば、車両の清掃技術を「新幹線劇場」と呼び、アピールしたことは、スタッフの仕事を多くの方から認めていただき、彼らに誇りをもってもらいたかったからです。

そして、私が何よりも注力したのは、経営者がスタッフを、スタッフがスタッフ同士を互いに認め合うことのできる環境、風土、仕組みをつくることでした。目立たなくても現場でコツコツと頑張っている人の努力を評価し、みんなに見えるように褒めること。「褒められることによってさらに伸びる」好循環を生み出そうと思ったのです。

次ページコツコツと頑張っている人たちもいる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。