米スペースX、ロケットが燃焼試験中に爆発 けが人なし

マスク氏「原因はまだ分からない」

9月1日、米民間宇宙企業スペースXのロケットが、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地にある発射台で燃焼試験中に爆発した。写真は爆発のようすを撮影した動画から(2016年 ロイター)

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 1日 ロイター] - 米民間宇宙企業スペースXのロケット「ファルコン9」が1日、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地にある発射台で燃焼試験中に爆発した。同社によると、けが人は出ていない。

爆発は米東部時間午前9時(日本時間午後10時)過ぎに起きた。

スペースXは、燃焼試験中に「異常」が発生し、爆発でロケット本体と積んでいた通信衛星が失われたと説明。

同社によると、このロケットはイスラエルの衛星事業会社スペース・コミュニケーション(スペースコム)<SCC.TA>の通信衛星を搭載しており、2日後に打ち上げを控えていた。米フェイスブック<FB.O>はこの衛星を利用し、アフリカのインターネットアクセスを拡充する予定だった。

スペースXを創業した起業家イーロン・マスク氏はツイッターで「原因はまだ分からない」とコメントした。

スペースXの発射台が爆発でどれほどダメージを受けたかは現段階で不明。また、航空宇宙局(NASA)や商業衛星が今後に予定している打ち上げへの影響も分からない。

爆発により、中国通信・ネットワーク機器の北京信威科技<600485.SS>による2億8500万ドルでのスペースコム買収にも遅れが生じる可能性がある。

スペースコムは声明で、通信衛星を爆発で失ったことは同社に「重大な影響を与える」との見方を示した。スペースコム株は1日、8.9%安で取引を終えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT