ポケモンGOはアップルに巨額収入をもたらす

今後1~2年で30億ドルの収入になると予想

7月20日、「ポケモンGO」の流行で、米アップルが向こう1━2年間に30億ドルの収入を得ると、証券会社のニーダム&カンパニーが予想した。ロシアのクラスノヤルスで撮影(2016年 ロイター/ILYA NAYMUSHIN)

[20日 ロイター] - スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の流行で、米アップル<AAPL.O>が向こう1━2年間に30億ドル(約3200億円)の収入を得ると、証券会社のニーダム&カンパニーが予想した。

ポケモンGOのダウンロードは無料で、「ポケコイン」を使って追加機能を購入することもできる。アップルのアプリサイト「アップストア」での販売価格は、100ポケコインが0.99ドル、1万4500ポケコインは99.99ドルとなっている。

ニーダムのアナリストは顧客向けメモで、基本ソフト(OS)「iOS」搭載機器から得られたポケモンGO関連の売り上げのうち、アップルが30%を獲得、収益が上振れる可能性があるとの見方を示した。

アナリストによると、課金ユーザー数が全ユーザーに占める割合は、キング・デジタルのヒット作「キャンディ・クラッシュ」の10倍に上るという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT