LINEが米上場、終値は26.6%高 一時36%上昇

一時36%上昇、企業価値は1兆円に迫る

7月14日、韓国ネイバー傘下の無料対話アプリ会社LINEが、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。写真は14日、NYSEでIPOを祝う幹部ら(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[14日 ロイター] - 韓国ネイバー<035420.KS>傘下の無料対話アプリ会社LINE<3938.T><LN.N>が14日、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。株価は一時36%急伸し、企業価値は93億4000万ドルに達した。

新規株式公開(IPO)では2200万株を1米国預託株式(ADS)当たり32.84ドルで売り出し、約7億2300万ドルを調達。

価格は仮条件レンジの28.50─32.50ドルを上回った。

初値は42ドル。株価は一時44.49ドルまで上昇した。

終値は41.58ドル。公開価格を26.6%上回る水準だった。

LINEは15日、東京証券取引所にも上場する見通しで、日米を通じハイテク企業として今年最大のIPOとなる。

*内容を追加しました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT