LINEが米上場、終値は26.6%高 一時36%上昇

一時36%上昇、企業価値は1兆円に迫る

7月14日、韓国ネイバー傘下の無料対話アプリ会社LINEが、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。写真は14日、NYSEでIPOを祝う幹部ら(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[14日 ロイター] - 韓国ネイバー<035420.KS>傘下の無料対話アプリ会社LINE<3938.T><LN.N>が14日、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。株価は一時36%急伸し、企業価値は93億4000万ドルに達した。

新規株式公開(IPO)では2200万株を1米国預託株式(ADS)当たり32.84ドルで売り出し、約7億2300万ドルを調達。

価格は仮条件レンジの28.50─32.50ドルを上回った。

初値は42ドル。株価は一時44.49ドルまで上昇した。

終値は41.58ドル。公開価格を26.6%上回る水準だった。

LINEは15日、東京証券取引所にも上場する見通しで、日米を通じハイテク企業として今年最大のIPOとなる。

*内容を追加しました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。