ダウ最高値更新、一段高のカギは企業利益

今回の強気相場は過去2番目の長さ

 7月11日、NY株式市場のSP総合500種株価指数は、1年余りで最高値を更新しており、アナリストは今年下半期に企業業績が持ち直せば、さらなる上昇もあり得るとみている。NY証券取引所で6日撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 11日 ロイター] - ニューヨーク株式市場のSP総合500種株価指数<.SPX>は11日、取引時間中に史上最高値となる2143.16をつけ、終値も2137.16で最高値を更新した。年初は落ち込んだが、2009年3月10日から続く強気相場を確認した。

今回の強気相場は過去2番目の長さ。1年余りで最高値を更新しており、アナリストは今年下半期に企業業績が持ち直せば、さらなる上昇もあり得るとみている。

今年は、まず中国経済の先行き懸念が投資家心理に影を落とし、原油安の長期化や一部の国々がマイナス金利を導入したこと、米国での追加利上げ観測も追い打ちを掛けた。

S&P500は2月までに高値から15%下落。20%の落ち込みなら弱気相場に定義されるところだった。

いったん上り調子をつかみかけたものの、欧州連合(EU)離脱派が多数を占めた英国民投票を受け、経済の先行き不透明感から6月27日には3か月半ぶりの安値をつけた。

一段高か

今後の焦点は、さらに上り調子が続くかどうかだ。昨年5月21日の終値2130.82を上回ったことが、一段高の契機になるとみる専門家もいる。

ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ(ニューヨーク)のマネジング・パートナー、トーマス・リー氏は、「一般的に、最高値を更新し、利益が好転し始めるという組み合わせは、投資家に株式を買い増す自信を与える」と述べ「まだ上がる余地は十分にある」として年末には2325を目指すと予想した。

米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのアナリスト、スティーブン・サットマイヤー氏は最近のリポートで、株価指数が最高値をつけてから300日超で52週高値をつけると、翌年にかけて91%の確率で指数が上昇し、平均リターンは15.6%という。

さらに、上昇の裾野の広さも朗報だ。昨年のS&P500上昇に寄与した企業は少数だったが、今年は300を超える企業が上昇圏に入っている。

S&P500のセクター別でみると、一般消費財<.SPLRCS>と工業<.SPLRCI>の指数はともに取引時間中の最高値を更新。景気に左右されにくい公益事業<.SPLRCU>指数は11日こそ下げたものの最も好調な指数の一つで、6日に最高値をつけている。

2月以降の上昇をけん引しているのは17%超の上昇率となった金融<.SPSY>と20%超上昇のエネルギー<.SPNY>、素材<.SPLRCM>の指数だ。これらの業種の堅調ぶりは、4四半期連続の減少が予想される企業利益が、今後増加に転じる兆しだとの指摘もある。

トムソン・ロイターの調べでは、今年1─3月期、4─6月期はともに5%の減益が見込まれるものの、下半期は増加に転じる見通しで、企業業績は転機を迎えているといえる。

S&P500を構成する企業の株価収益率(PER)を正常な水準に戻すためには、増益が必要になってくる。向こう12カ月の利益見通しに基づくPERは平均16.8倍で、投資家が慎重になる15倍を上回っている。

上昇を息切れさせかねない要因は他にもある。米国の成長は緩やかなままで、経済指標はすぐに悪化しかねない。米大統領選の行方や英国のEU離脱をめぐる動きが経済の先行き不透明感を増す可能性もある。

フェデレーティッド・インベスターズの首席株式市場ストラテジスト、フィル・オーランド氏は「行く手には悪い材料が目白押しだが、誰もが見て見ぬふりをしているような感じだ」と述べた。

(Chuck Mikolajczak記者)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT