LINEが仮条件を引き上げ、需要の強さ反映

1株当たりの価格は2900─3300円に

 7月4日、LINEは新規株式公開(IPO)における1株当たりの仮条件を引き上げると発表した。2014年9月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai/Illustration/File Photo)

[東京 4日 ロイター] - LINE<3938.T>は4日、新規株式公開(IPO)における1株当たりの仮条件を引き上げると発表した。投資家の需要の強さや市場動向などを反映した。

国内は従来の「2700円から3200円」を「2900円から3300円」に、米国は同「26.5ドルから31.5ドル」を「28.5ドルから32.5ドル」にそれぞれ引き上げた。

仮条件の上限で決まった場合、公募と売り出しを合わせたLINEの調達額は1300億円超、上場時の時価総額は6900億円超となる。

公開価格は7月11日に決定する。上場日はニューヨークが7月14日(米東部時間)、東京が15日。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。