LINEが仮条件を引き上げ、需要の強さ反映

1株当たりの価格は2900─3300円に

 7月4日、LINEは新規株式公開(IPO)における1株当たりの仮条件を引き上げると発表した。2014年9月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai/Illustration/File Photo)

[東京 4日 ロイター] - LINE<3938.T>は4日、新規株式公開(IPO)における1株当たりの仮条件を引き上げると発表した。投資家の需要の強さや市場動向などを反映した。

国内は従来の「2700円から3200円」を「2900円から3300円」に、米国は同「26.5ドルから31.5ドル」を「28.5ドルから32.5ドル」にそれぞれ引き上げた。

仮条件の上限で決まった場合、公募と売り出しを合わせたLINEの調達額は1300億円超、上場時の時価総額は6900億円超となる。

公開価格は7月11日に決定する。上場日はニューヨークが7月14日(米東部時間)、東京が15日。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT