米ISM製造業景気指数、6月は予想上回る上昇 新規受注や生産堅調

新規受注や生産堅調

7月1日、6月のISM製造業景気指数は53.2と、前月の51.3から上昇し、予想の51.4も上回った。写真は2012年6月、ケンタッキー州ルイビルのフォード工場で撮影(2016年 ロイター/John Sommers II/File Photo)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した6月の製造業景気指数は53.2と、前月の51.3から上昇し、市場予想の51.4も上回った。

内訳の新規受注、生産、輸出がそろって上昇し、米製造業が年初の低迷から切返しつつある兆候があらためて浮き彫りとなった。

50が景気拡大と悪化の節目となる。

新規受注指数は57.0と、前月の55.7から上昇。輸出(受注)も53.5と、52.5から上昇した。受注残は47.0から52.5に、生産は52.6から54.7にそれぞれ上昇した。

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。