米ISM製造業景気指数、6月は予想上回る上昇 新規受注や生産堅調

新規受注や生産堅調

7月1日、6月のISM製造業景気指数は53.2と、前月の51.3から上昇し、予想の51.4も上回った。写真は2012年6月、ケンタッキー州ルイビルのフォード工場で撮影(2016年 ロイター/John Sommers II/File Photo)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が発表した6月の製造業景気指数は53.2と、前月の51.3から上昇し、市場予想の51.4も上回った。

内訳の新規受注、生産、輸出がそろって上昇し、米製造業が年初の低迷から切返しつつある兆候があらためて浮き彫りとなった。

50が景気拡大と悪化の節目となる。

新規受注指数は57.0と、前月の55.7から上昇。輸出(受注)も53.5と、52.5から上昇した。受注残は47.0から52.5に、生産は52.6から54.7にそれぞれ上昇した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。