モハメド・アリの葬儀に1万4000人が殺到

アリ氏と親族が10年前から綿密に準備

 6月9日、ボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリ氏の葬儀が米ケンタッキー州ルイビルで行われ、約1万4000人が参列した(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ルイビル(米ケンタッキー州) 9日 ロイター] - ボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリ氏(享年74)の葬儀が9日に米ケンタッキー州ルイビルで行われ、約1万4000人が参列した。葬儀は、アリ氏自身の信仰するイスラム教式で、かつ現代の西洋的な文化でも執り行えるように、アリ氏と親族が10年前から綿密に準備していたという。

式では、アリ氏は「人民のチャンピオン」と称えられた。

ヘビー級を3回制覇したアリ氏はショーマンシップで知られ、政治活動や人道支援活動にも熱心に取り組んでいた。3日に敗血症で死去した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT