モハメド・アリの葬儀に1万4000人が殺到

アリ氏と親族が10年前から綿密に準備

 6月9日、ボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリ氏の葬儀が米ケンタッキー州ルイビルで行われ、約1万4000人が参列した(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ルイビル(米ケンタッキー州) 9日 ロイター] - ボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリ氏(享年74)の葬儀が9日に米ケンタッキー州ルイビルで行われ、約1万4000人が参列した。葬儀は、アリ氏自身の信仰するイスラム教式で、かつ現代の西洋的な文化でも執り行えるように、アリ氏と親族が10年前から綿密に準備していたという。

式では、アリ氏は「人民のチャンピオン」と称えられた。

ヘビー級を3回制覇したアリ氏はショーマンシップで知られ、政治活動や人道支援活動にも熱心に取り組んでいた。3日に敗血症で死去した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。