日本のトップ企業100社のうち社外取締役設置企業は約8割--ただ、各社で温度差くっきり

 

社外取締役に対する考え方は、企業によって温度差がある。この夏、法制審議会・会社法制部会は会社法改正要綱案において、大企業の社外取締役の設置義務づけを見送った。社外取締役を置くことの効果を疑問視する企業や経済界に配慮したといわれる。

だが、企業がどのようにしてガバナンスを確立するのか、社会に問われていることに変わりはない。社外取締役を置かない場合、経営の透明性をどう確保するのか。明確な説明が必要とされるだろう。

 

%IMAGE_ALT2%

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT