ハリポタ「発売前に流出」はニセモノだった

政府機関は小説のリークまで監視している

 4月10日、小説「ハリー・ポッター」の出版社が英通信傍受機関から、小説の中身が流出しているとの通報を受けていたことが明らかに。写真は同小説の作者、J・K・ローリング氏。ロンドンで2013年11月撮影(2016年 ロイター/Olivia Harris)

[ロンドン 10日 ロイター] - 英ファンタジー小説「ハリー・ポッター」の出版社が政府の通信傍受機関から、小説の中身が流出しているとの通報を受けていたことが分かった。流出した内容は実際には偽物だったが、政府機関が小説のリークを監視していたことが明らかになった。

報道によると、英出版社ブルームズベリーのナイジェル・ニュートン最高経営責任者(CEO)が前週、豪ABCラジオに話したところでは、2005年に政府通信本部(GCHQ)から電話があったという。その内容は、当時発売直前だった第6巻の中身が「インターネットに流出している」というものだった。

その文章を読み上げてもらい、同社の編集者が確認した結果、偽物であることが分かった。

GCHQは事実関係について「『闇の魔術に対する防衛術』に関してはコメントしない」と答えたという。この「防衛術」は、「ハリー・ポッター」シリーズに登場するホグワーツ魔法魔術学校で教えられている架空の教科を指している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。