演説力 わかりやすく熱い言葉で政治不信を吹き飛ばせ 岩見隆夫著 ~政治家と聴衆が共振する政治は復活するか


 著者は自民党の尾辻秀久が今年1月、国会で首相に「野に下ることは恥ずかしいことではない。恥ずべきは政権にあらんとして、いたずらに迎合することだ」と迫った話を紹介し、「天下分け目」の現在を「奮起する政治家が次々と現れておかしくない時」と着目する。「演説復権の時期と環境が熟しつつある」と前向きに捉えている。

演説は政治家と国民をつなぐ絆であり、政治家と聴く大衆の共振の欠如が民主主義の危機を招いた。演説を通して政治家と聴衆が共振する政治が復活するかどうか、「天下分け目」の総選挙のもう一つの焦点である。

原書房 1890円 261ページ

いわみ・たかお
政治ジャーナリスト、毎日新聞社客員編集委員。1935年旧満州大連生まれ。47年、山口県防府市に引き揚げ。58年京都大学法学部を卒業後、毎日新聞社に入社。政治部副部長、『サンデー毎日』編集長、編集委員室長、編集局次長、編集局顧問、特別顧問などを経て、2007年退社。


楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT