演説力 わかりやすく熱い言葉で政治不信を吹き飛ばせ 岩見隆夫著 ~政治家と聴衆が共振する政治は復活するか


 著者は自民党の尾辻秀久が今年1月、国会で首相に「野に下ることは恥ずかしいことではない。恥ずべきは政権にあらんとして、いたずらに迎合することだ」と迫った話を紹介し、「天下分け目」の現在を「奮起する政治家が次々と現れておかしくない時」と着目する。「演説復権の時期と環境が熟しつつある」と前向きに捉えている。

演説は政治家と国民をつなぐ絆であり、政治家と聴く大衆の共振の欠如が民主主義の危機を招いた。演説を通して政治家と聴衆が共振する政治が復活するかどうか、「天下分け目」の総選挙のもう一つの焦点である。

原書房 1890円 261ページ

いわみ・たかお
政治ジャーナリスト、毎日新聞社客員編集委員。1935年旧満州大連生まれ。47年、山口県防府市に引き揚げ。58年京都大学法学部を卒業後、毎日新聞社に入社。政治部副部長、『サンデー毎日』編集長、編集委員室長、編集局次長、編集局顧問、特別顧問などを経て、2007年退社。


楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。