デイトレでコツコツ勝つには何が必要なのか

資産1億円超の「満州中央銀行」氏が伝授

事前準備が出来ているからこそ、瞬時の判断力が活きてくるのだろう。「満州中央銀行」氏の業績発表のタイミングでの勝率は8割を超えている。

次に大事なのがポジションを持ったあとだ。「損切りは早いが、利確(利益確定)は苦手。だから、常にどこで逃げようかを考えている」という。

万全の準備をして、あとはコツコツ利益を積み重ねる

利益を確定しかかる時とは、「もっと利益が伸ばせるのではないか」と欲を最も強く感じる瞬間だ。だからこそ「ターゲットは、時間と価格で決めている。ポジションを持った10分後に手仕舞うか、株価が一番高値(安値)をつけたところからマイナス20%になったら利益を確定」する。機械的にするのが得策なのだろう。

彼の手法は、自分がより高い確率で利益をあげられるよう万全の準備をして、コツコツ利益を積み上げていく方法だ。日本航空(JAL)が破綻した時、大きな売りポジョンを持ち、多額の利益をあげたこともあったが、その時もニュースの過去情報を積み上げ、JALの先行きが自分の中でイメージできたからこそ動いたのだ。

実はJALのトレードには、過去の失敗も大きく影響した。2003年に上場廃止となった足利銀行株で、彼は一気に700万円を失った。大臣が「つぶさない」と言った一言を信じすぎて、その後の変化をとらえることができなかったからだ。

クリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ポジションを抱えている時、変化を示唆する情報を目にしても、多くの人は自分に都合のよい判断に偏りがちだ。

彼は、「投資はあくまで儲けるためと割り切るべき。『生活費の足しに』とか考えると、冷静な判断ができない」と話し、「例えば、仕事で上司に文句を言われても、ほとんどの人が我慢するでしょう。理由は、お金を得る仕事を失いたくないから。投資も同じで、自分を冷静に保つための我慢が必要。損が目の前あると不安になって『ナンピン』したくなったりもするけど、絶対にダメ。我慢しないとね」と、教えてくれた。

さて、真剣かつスピードが求められるトレードをしながら、ツイッターで情報発信をし続けるのはなぜなのだろう。人に情報を広めるため?違う。答えは、「忘備録」だ。書き留める時間すらないため、ツイッターに打ち込んでいるという。だとすれば、情報満載のツイッターは私たちにとっても宝の山かもしれないし、彼を真似て情報を少しずつでも積み重ねることができれば、「億トレーダー」になることも夢ではないのかもしれない。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT