戦後世界経済史 猪木武徳著

戦後世界経済史 猪木武徳著

本書は、世界経済の動向を、第2次世界大戦から20世紀末まで、著名な経済学者が鳥瞰したものである。

20世紀がメインとなっているが、最終章では2007~08年の金融危機と、それによってもたらされた世界的な不況にも触れている。特に、「サブプライムローン問題」に関しては、専門家がリスクを意図的に低く喧伝し販売した、ある種の詐術ではないかと分析する。

著者はそこに人間の貪欲さを見、その貪欲さが市場経済を通して多くの富を生み出してきたことも、また事実だと述べる。この貪欲さを制御する有効なシステムをデザインすることが、今後の世界経済の最大の課題であると主張している。

中公新書 987円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT