米国発金融再編の衝撃 武藤敏郎・大和総研編

米国発金融再編の衝撃 武藤敏郎・大和総研編

サブプライムローン問題の表面化以後、今も予断を許さない金融危機。本書は、シンクタンクによるその背景や歴史などを含めた網羅的な解説書だ。

本来、黒衣であった金融サービスが、表舞台に登場してしまったことに少なからぬ問題がある--。本書は投資銀行の一部が、証券化商品の組成・販売などにのめりこみ、あたかも製造業的な性格を持ってしまったことが、今の金融危機を招いた一因と論じる。

金融の規制・監督の制度的枠組みが、金融イノベーションの発展に追いつかなかった点も問題視。金融再編後の金融機関が「巨大型」「専門ブティック型」「リージョナル型」の三つに収斂していくと展望する中で、行政監督においても同様の変革がもたらされる可能性があると指摘している。

大蔵・財務事務次官、日銀副総裁を歴任し、現在は大和総研理事長を務める武藤敏郎氏と、大和総研の資本市場調査本部の各研究員などによる共同編集。

日本経済新聞出版社 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。