「アメリカ社会」入門 英国人ニューヨークに住む コリン・ジョイス著/谷岡健彦訳

「アメリカ社会」入門 英国人ニューヨークに住む コリン・ジョイス著/谷岡健彦訳

アメリカ人は階層が下の人と交わらないで済むようにする。富裕層はゲーティッド・コミュニティや地価の高い郊外、ガードマン付きマンションに住み、通うのは地位共通の一流スポーツジムに限る。出かけるビーチで、社会的地位もわかる。たとえばニューヨークなら西北に160キロメートル離れたハンプトンズに別荘を持つのが資産家の証明だ。

アメリカでは低収入にあえぐ人々自身も、富裕層に対してやさしい。というのも、彼らは富裕層の暮らしぶりを、自分もしくは自分の子どもたちがいつの日かたどり着ける目標と見ているからだ。

「チューインガムを発明し、マイナーなスポーツに興じる」アメリカ社会の謎解きに英人ジャーナリストが挑む。

NHK出版生活人新書 777円

「アメリカ社会」入門-英国人ニューヨークに住む (生活人新書)
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT