食糧争奪戦争 浜田和幸著

食糧争奪戦争 浜田和幸著

世界各地で発生している異常気象の影響でオーストラリア、中国、アルゼンチンといった食糧生産大国は深刻な農業危機に直面している。経済危機が100年に一度ならば、食糧危機は1000年に一度のスケールで人類をのみ込みつつあり、食糧争奪戦は日本人の想像をはるかに超える規模とスピードで激しさを増しているとシンクタンク代表を務める著者は指摘する。

アメリカの食糧メジャーがしたたかに戦略を拡大するなかで、日本の農業はいかに補助金依存から脱するか。生きることは食べること、何をそして誰が作ったものを食べるのか、今はそれが問われる時代であり、情報を咀嚼することも重要と、飽食から抜け出せない日本に警鐘を鳴らす。

学研新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。