危機の日本経済 福岡正夫・鈴木淑夫編

危機の日本経済 福岡正夫・鈴木淑夫編

世界的な金融・経済危機が続くなかで、「潜在的に有利な条件が整っている」日本はどう舵取りすべきか。内需主導の経済成長路線を作り出し、「強い円」を背景に海外投資を拡大し、アジアを中心に新興国・途上国に資金と技術を提供して米欧と非連結で歩む道を求める--。こうして経済体質を変えれば、危機は切り抜けられると、本書のメインメッセージは説く。

もっとも、本書自体もこの「良いシナリオ」に乗り越えるべきいくつもの障害を示唆する。たとえば、GM破綻は金融と密接な関係にある。米国経済の悪化に弾みがつきかねない。なかでも損失保証の履行義務が金融機関に発生し、このリスクをどこまでこなせるか。また為替動向では、本当に円高シナリオでいけるか。交易条件の悪化、日本の経常黒字の急減はどうしても円安圧力になる。財政赤字との組み合わせで「悪い円安」もありうる等々。

果敢だが「熟慮された政策選択」の必要を教える。

NTT出版 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。