危機の日本経済 福岡正夫・鈴木淑夫編

危機の日本経済 福岡正夫・鈴木淑夫編

世界的な金融・経済危機が続くなかで、「潜在的に有利な条件が整っている」日本はどう舵取りすべきか。内需主導の経済成長路線を作り出し、「強い円」を背景に海外投資を拡大し、アジアを中心に新興国・途上国に資金と技術を提供して米欧と非連結で歩む道を求める--。こうして経済体質を変えれば、危機は切り抜けられると、本書のメインメッセージは説く。

もっとも、本書自体もこの「良いシナリオ」に乗り越えるべきいくつもの障害を示唆する。たとえば、GM破綻は金融と密接な関係にある。米国経済の悪化に弾みがつきかねない。なかでも損失保証の履行義務が金融機関に発生し、このリスクをどこまでこなせるか。また為替動向では、本当に円高シナリオでいけるか。交易条件の悪化、日本の経常黒字の急減はどうしても円安圧力になる。財政赤字との組み合わせで「悪い円安」もありうる等々。

果敢だが「熟慮された政策選択」の必要を教える。

NTT出版 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。