スーパーの裏側 河岸宏和著

スーパーの裏側 河岸宏和著

スーパーの得意技の一つは売れ残り商品を売り切るノウハウにある。再加工したりパックし直したりして翌日しぶとく売り切れば、利益率はぐんと高まる。生鮮品や惣菜なら製造日も消費期限も賞味期限も店側の思いのままだ。刺身もハムも再パックすれば製造日は簡単に延ばせて、しかもこれが違法でないから困る。

著者はハム・ソーセージ、総菜、卵の工場やスーパーの現場を永年、経験した品質管理の専門家。スーパーがお客を手玉に取るあの手この手、不潔で乱雑な調理現場やバックヤードの実態、使い回し商品の見分け方などが紹介される。

肉・魚売り場のカラクリに加え「すべての偽装は卵に通じる」という卵の「裏側」が詳述されていて参考になる。卵は物流や品質管理がよほど優れているコンビニで買うに限るという助言は、意外性十分で興味深い。よいスーパーを育てるのは「安さ」にごまかされない賢い消費者だという指摘はそのとおりだろう。(純)

東洋経済新報社 1470円

詳しい紹介ページはこちら
Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。