スーパーの裏側 河岸宏和著

スーパーの裏側 河岸宏和著

スーパーの得意技の一つは売れ残り商品を売り切るノウハウにある。再加工したりパックし直したりして翌日しぶとく売り切れば、利益率はぐんと高まる。生鮮品や惣菜なら製造日も消費期限も賞味期限も店側の思いのままだ。刺身もハムも再パックすれば製造日は簡単に延ばせて、しかもこれが違法でないから困る。

著者はハム・ソーセージ、総菜、卵の工場やスーパーの現場を永年、経験した品質管理の専門家。スーパーがお客を手玉に取るあの手この手、不潔で乱雑な調理現場やバックヤードの実態、使い回し商品の見分け方などが紹介される。

肉・魚売り場のカラクリに加え「すべての偽装は卵に通じる」という卵の「裏側」が詳述されていて参考になる。卵は物流や品質管理がよほど優れているコンビニで買うに限るという助言は、意外性十分で興味深い。よいスーパーを育てるのは「安さ」にごまかされない賢い消費者だという指摘はそのとおりだろう。(純)

東洋経済新報社 1470円

詳しい紹介ページはこちら
Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT