スーパーの裏側 河岸宏和著

スーパーの裏側 河岸宏和著

スーパーの得意技の一つは売れ残り商品を売り切るノウハウにある。再加工したりパックし直したりして翌日しぶとく売り切れば、利益率はぐんと高まる。生鮮品や惣菜なら製造日も消費期限も賞味期限も店側の思いのままだ。刺身もハムも再パックすれば製造日は簡単に延ばせて、しかもこれが違法でないから困る。

著者はハム・ソーセージ、総菜、卵の工場やスーパーの現場を永年、経験した品質管理の専門家。スーパーがお客を手玉に取るあの手この手、不潔で乱雑な調理現場やバックヤードの実態、使い回し商品の見分け方などが紹介される。

肉・魚売り場のカラクリに加え「すべての偽装は卵に通じる」という卵の「裏側」が詳述されていて参考になる。卵は物流や品質管理がよほど優れているコンビニで買うに限るという助言は、意外性十分で興味深い。よいスーパーを育てるのは「安さ」にごまかされない賢い消費者だという指摘はそのとおりだろう。(純)

東洋経済新報社 1470円

詳しい紹介ページはこちら
Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。