華人経済師のみた中国の実力 柯隆・朱炎・金堅敏著

華人経済師のみた中国の実力 柯隆・朱炎・金堅敏著

中国経済はウナギのようだといわれる。実態を把握しようとすると巧みにその追及を逃れる。日本で長く暮らしながら母国を研究している3人の中国人エコノミストが現時点の中国を活写してみせる。

鳴り物入りの外貨準備の運用会社CICは、金融危機発生後、米国の投資ファンドや金融機関に数件の投資で大きな損を被った後、国内投資に専念せざるをえなくなった。だが、海外買収コストは下がり、中国企業のM&Aは企業救済として歓迎されている。商業ベースの衛星打ち上げのグローバル市場においても、強い価格競争力を誇っており、途上国向けの衛星打ち上げにおいて有利な立場にある。

随所でネイティブならではの情報が心掛けられている。

日経プレミアシリーズ 893円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT