ドキュメント秘匿捜査 竹内明著

ドキュメント秘匿捜査 竹内明著

スパイ天国の汚名を世界から受けながら、日本のスパイハンターたちは黙々と職務を遂行している。極秘に追尾してスパイと情報提供者の接触現場に近づこうとする彼らのテクニックと執念は世界屈指らしい。

ロシアの諜報機関を追う警視庁公安部の苦闘の1年が描かれる。著者は民放社会部記者で長年、諜報の世界を追いかけてきただけあって深みのあるドキュメンタリーに仕上がっている。ロシアの海軍大佐に絡め取られていく自衛官の人間的弱さもうまく描かれていて、単純な勝ち負けの物語にはなっていないし、そもそもここには勝者はいない。私生活を犠牲にし、地味で報われない仕事に人生をかける裏方たちのプロ意識には敬服させられる。

インテリジェンス(諜報)の政治的評価における彼我の差には一読、寒々としてくる。問題提起も話の中身も深刻でありながら、追尾の超絶テクニックには圧倒されるし、読み物としての面白さも一級である。(純)

講談社 1785円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。