続・世界の日本人ジョーク集 早坂隆著

続・世界の日本人ジョーク集 早坂隆著

メイド・イン・ジャパンのハイテク体重計。声で健康アドバイスをすると評判で、肥満の多いアメリカで売れている。あるご婦人が、「どんなことを言うのかしら」とドキドキしながら乗ると体重計はつぶやいた。「一人ずつ乗ってください」--。

75万部を突破した前書の続編。世界が日本をどのように見ているのか、「笑いながら」探ろうとする本だ。

日本人は主役ではないもののジョーク界で存在感を持つ「個性派俳優」。「ハイテク」「経済大国」など、ステレオタイプの見方は根強くあるが、良いイメージを持たれ、世界は概して「親日的」という。ネタになるのは「それだけ存在感のある証拠」と、最近沈みがちな日本人を元気づける。

中公新書ラクレ 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。