続・世界の日本人ジョーク集 早坂隆著

続・世界の日本人ジョーク集 早坂隆著

メイド・イン・ジャパンのハイテク体重計。声で健康アドバイスをすると評判で、肥満の多いアメリカで売れている。あるご婦人が、「どんなことを言うのかしら」とドキドキしながら乗ると体重計はつぶやいた。「一人ずつ乗ってください」--。

75万部を突破した前書の続編。世界が日本をどのように見ているのか、「笑いながら」探ろうとする本だ。

日本人は主役ではないもののジョーク界で存在感を持つ「個性派俳優」。「ハイテク」「経済大国」など、ステレオタイプの見方は根強くあるが、良いイメージを持たれ、世界は概して「親日的」という。ネタになるのは「それだけ存在感のある証拠」と、最近沈みがちな日本人を元気づける。

中公新書ラクレ 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT