外資系企業で成功する人、失敗する人 津田倫男著

外資系企業で成功する人、失敗する人 津田倫男著

能力次第で年功も序列も飛び越えて昇進できる。業績への貢献度が高ければ破格の報酬を手にできるが、業績が悪化すれば、あっという間に解雇される。前の会社での業績が転職先を決める。これが外資系企業の常識である。

本書は、外資系企業の明と暗を語りながら、外資系で生き抜くための巧みな処世術をも解説している。上司の茶坊主となる術から、さりげなく他人の功績に便乗する方法、成果は査定会議の直前に、針小棒大・ウソでも信じ込ませるプレゼン・テクニック。

ネガティブな面ばかりが強調されているようにも見えるが、こうしたことを受け入れなければ生き残れないと、外資系勤務経験のある企業アドバイザーの著者は断じる。

PHP新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。