外資系企業で成功する人、失敗する人 津田倫男著

外資系企業で成功する人、失敗する人 津田倫男著

能力次第で年功も序列も飛び越えて昇進できる。業績への貢献度が高ければ破格の報酬を手にできるが、業績が悪化すれば、あっという間に解雇される。前の会社での業績が転職先を決める。これが外資系企業の常識である。

本書は、外資系企業の明と暗を語りながら、外資系で生き抜くための巧みな処世術をも解説している。上司の茶坊主となる術から、さりげなく他人の功績に便乗する方法、成果は査定会議の直前に、針小棒大・ウソでも信じ込ませるプレゼン・テクニック。

ネガティブな面ばかりが強調されているようにも見えるが、こうしたことを受け入れなければ生き残れないと、外資系勤務経験のある企業アドバイザーの著者は断じる。

PHP新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。