幸田文 台所帖 幸田文著/青木玉編

幸田文 台所帖 幸田文著/青木玉編

台所の音に耳を傾けてみる。蛇口から勢いよく流れ出す水の音、沸騰を知らせるやかんのフタの音、まな板でたたかれる胡瓜のにぶく間のぬけた音……。「お前の台所は、ずいぶんと荒々しく下司っぽいね」。不意に言われ、それまではまったく気をつけたことはなかったので、また叱られたという思いだったと幸田露伴の娘・文は回想する。

露伴はまた「台所帖」からも「音が聞こえてくるようにならなくちゃね」と言う。文が小学校生のときから毎日の献立を書いておくようにと与えていた。ときに、厨房の音を美しくしろ、台所の音をかわいがれ、あるいはうまい音があっていいはずじゃないか、とも言って聞かしつつ、食通、露伴の極意は「きれいに早く、そして音をたてるな」だったようだ。まさに「台所の音」が、そして「台所」が、しつけ、思想、本物とは何かを教えてくれる教室。

台所を媒介として露伴・文・青木玉・奈緒4代の家族史が見事に描かれる。

平凡社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT