幸田文 台所帖 幸田文著/青木玉編

幸田文 台所帖 幸田文著/青木玉編

台所の音に耳を傾けてみる。蛇口から勢いよく流れ出す水の音、沸騰を知らせるやかんのフタの音、まな板でたたかれる胡瓜のにぶく間のぬけた音……。「お前の台所は、ずいぶんと荒々しく下司っぽいね」。不意に言われ、それまではまったく気をつけたことはなかったので、また叱られたという思いだったと幸田露伴の娘・文は回想する。

露伴はまた「台所帖」からも「音が聞こえてくるようにならなくちゃね」と言う。文が小学校生のときから毎日の献立を書いておくようにと与えていた。ときに、厨房の音を美しくしろ、台所の音をかわいがれ、あるいはうまい音があっていいはずじゃないか、とも言って聞かしつつ、食通、露伴の極意は「きれいに早く、そして音をたてるな」だったようだ。まさに「台所の音」が、そして「台所」が、しつけ、思想、本物とは何かを教えてくれる教室。

台所を媒介として露伴・文・青木玉・奈緒4代の家族史が見事に描かれる。

平凡社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT