幸田文 台所帖 幸田文著/青木玉編

幸田文 台所帖 幸田文著/青木玉編

台所の音に耳を傾けてみる。蛇口から勢いよく流れ出す水の音、沸騰を知らせるやかんのフタの音、まな板でたたかれる胡瓜のにぶく間のぬけた音……。「お前の台所は、ずいぶんと荒々しく下司っぽいね」。不意に言われ、それまではまったく気をつけたことはなかったので、また叱られたという思いだったと幸田露伴の娘・文は回想する。

露伴はまた「台所帖」からも「音が聞こえてくるようにならなくちゃね」と言う。文が小学校生のときから毎日の献立を書いておくようにと与えていた。ときに、厨房の音を美しくしろ、台所の音をかわいがれ、あるいはうまい音があっていいはずじゃないか、とも言って聞かしつつ、食通、露伴の極意は「きれいに早く、そして音をたてるな」だったようだ。まさに「台所の音」が、そして「台所」が、しつけ、思想、本物とは何かを教えてくれる教室。

台所を媒介として露伴・文・青木玉・奈緒4代の家族史が見事に描かれる。

平凡社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。