幸田文 台所帖 幸田文著/青木玉編

幸田文 台所帖 幸田文著/青木玉編

台所の音に耳を傾けてみる。蛇口から勢いよく流れ出す水の音、沸騰を知らせるやかんのフタの音、まな板でたたかれる胡瓜のにぶく間のぬけた音……。「お前の台所は、ずいぶんと荒々しく下司っぽいね」。不意に言われ、それまではまったく気をつけたことはなかったので、また叱られたという思いだったと幸田露伴の娘・文は回想する。

露伴はまた「台所帖」からも「音が聞こえてくるようにならなくちゃね」と言う。文が小学校生のときから毎日の献立を書いておくようにと与えていた。ときに、厨房の音を美しくしろ、台所の音をかわいがれ、あるいはうまい音があっていいはずじゃないか、とも言って聞かしつつ、食通、露伴の極意は「きれいに早く、そして音をたてるな」だったようだ。まさに「台所の音」が、そして「台所」が、しつけ、思想、本物とは何かを教えてくれる教室。

台所を媒介として露伴・文・青木玉・奈緒4代の家族史が見事に描かれる。

平凡社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT